「生き辛さを支える」ソーシャルワーカーの相談室

「生き辛さを支える」ソーシャルワーカーの相談室

生活資金が足りない!そんな時は「社会福祉協議会」の貸付制度を検討してみませんか?

2020/04/30
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ゆき
現在は医療機関で医療ソーシャルワーカーとして10年以上働いていおります。相談援助職の国家資格である「社会福祉士」の資格を持ち、介護保険制度のプロである「介護支援専門員」の資格も生かし、医療と福祉の両面で、生活すること、生きること、暮らすことのお手伝いを行っています。 中々人に言い辛い「お金にまつわること」を始めとすることや「社会保障制度」の活用の仕方や、「介護サービスのこと」「病院の選び方」に関わるアドバイスが可能です。 また「医師・看護師とのコミュニケーションの取り方」で中々自分の言いたいことが伝わらない一方通行な言われ方・やり取りをした経験はありませんか?医療職種の考え方・言葉の中に何が含まれているのか、紐解くお手伝いも得意です。 様々な公的制度や対人コミュニケーションを円滑にするポイントを探し、暮らしのお手伝いになれる「相談員」としてご活用ください。

皆様こんにちは。本日は「お金を借りる」という方法のひとつに、「社会福祉協議会」で行っている貸付制度を検討してみても良いのではないかと考え、その内容に関して取り上げたいと思います。

今回の私が言いたいことは「お金の話を社会福祉協議会に相談して、上手に活用して欲しい」ということだけなのです。それでは一つずつ整理してみたいと思います。

 

<新型コロナウイルス関連の解雇・倒産問題は、「生きるためのお金」が足りなくなる>

昨今、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ為に、一部の仕事を除き営業停止を余儀なくされている産業が多くなっています。連日のようにニュースでは、新型コロナウイルス関連の解雇の問題や、倒産の現状が伝えられており、日を追うごとに「生きるためのお金」が無くなっていく現状が取り上げられております。

「10万円を国民に一律給付」となった「特別定額給付金」に関しても、各市区町村の動きによって給付のタイミングにばらつきが出ている所ですので、「今日明日にも必要」という切羽詰まった状況には活用できないのが現状です。切羽詰まっていればこそ、様々な金融商品の中から「カードローン」や「キャッシング」など、手軽でスマホ1つあれば即日行えてしまいます。しかし、「返済」を考えた時に「金利」の影響はとても高いと私は考えます。

早くに返済できる状況にあれば、金利も含めて効果を考え、先に挙げた金融商品に頼る事も有りだとは思います。しかし、今回の新型コロナウイルス関連の解雇の問題や倒産の現状は、長期化する可能性が高く現時点では終わりが見えません。その為、感染症発症の状況に陥った産業を始め、休業要請が出ている産業などによっては、仕事の再開の目途が立たない、あるいは縮小状態で新規雇用に繋がらない状態になり、「早く働きたいのに働けない」方を増やしてしまいます。これでは「生きるためのお金」は目減りする一方になってしまい、落ち着いて考える事も困難になってしまいます。

 

<「お金の借り方」についても、福祉制度を活用してはいかがでしょうか?>

お金を借りるという行動については、誰しも抵抗がある行動だと思います。ある特定の目的(車や家を買う等)のためにお金を借りた経験はあっても、「暮らすため」にお金を借りることは、意味合いをとても重くとらえられる方もいらっしゃると思います。

そこで、金利も定額か無利子で、返済期間も比較的長く対応が出来る「生活福祉資金貸付制度」が、社会福祉協議会という場所で対応が出来る事を知って頂きたいと思います。

この制度は、長らく社会福祉協議会が行って来ていた従来の貸付制度になっています。しかし、昨今の新型コロナウイルス関連の解雇の問題や倒産の現状を考え、従来よりも相談しやすく、迅速にお金が必要とされる方に渡るように運用が変わっています。

 

次回は「生活福祉資金貸付制度」から「緊急小口資金」と「総合支援資金」を取り上げてみたいと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
ゆき
現在は医療機関で医療ソーシャルワーカーとして10年以上働いていおります。相談援助職の国家資格である「社会福祉士」の資格を持ち、介護保険制度のプロである「介護支援専門員」の資格も生かし、医療と福祉の両面で、生活すること、生きること、暮らすことのお手伝いを行っています。 中々人に言い辛い「お金にまつわること」を始めとすることや「社会保障制度」の活用の仕方や、「介護サービスのこと」「病院の選び方」に関わるアドバイスが可能です。 また「医師・看護師とのコミュニケーションの取り方」で中々自分の言いたいことが伝わらない一方通行な言われ方・やり取りをした経験はありませんか?医療職種の考え方・言葉の中に何が含まれているのか、紐解くお手伝いも得意です。 様々な公的制度や対人コミュニケーションを円滑にするポイントを探し、暮らしのお手伝いになれる「相談員」としてご活用ください。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です